HOME > 店舗紹介

店舗紹介

吉運堂 白根本店

〒950-1475  新潟県新潟市南区戸頭1347-1

TEL:025-373-2345

営業時間:9:00〜19:00    定休日:1月1日

「店舗へのアクセス」と「ご来店プレゼント」はこちら

新潟県内初の黒川紀章氏設計のサルナートビルの1Fから3Fまでが仏壇店です。国道8号線沿い、黒い5階建ての建物と屋上のピラミッドが目印です。「サルナート」とはインドの地名で、お釈迦様が悟りを開かれた後に一番初めに説法を行なったとされる処(初転法輪の地)です。お釈迦様が教えを広められたように、この白根から情報発信をして行くとの思いで「サルナート」と名づけられました。

吉運堂白根本店

充実の仏具コーナー、モデル仏間もご用意

1Fは数珠、お線香やローソク、神棚、掛軸などの仏具が充実。特にお線香の種類がどのお店よりも多いとお客様からご好評いただいています。毎日、お店では何かのお香が焚かれているので、お好みの香りを見つけられるかも知れません。
2Fには仏間が設けられており、実際にお仏壇がどのようにお仏間に入るのかを実感していただけます。

伝統型から現代仏壇まで、県内随一の展示本数

お仏壇は1Fから3Fまで数多く展示されています。当店の所在地である新潟市白根地区(旧白根市)は、全国有数の金仏壇産地です。300年以上続く、国指定の伝統的工芸品「新潟・白根仏壇」を始め、金仏壇でも京型というシンプルデザインのものや、当社オリジナルの塗りを活かした新デザインのお仏壇を数多く取り揃えています。また近年需要が高まっている紫檀・黒檀・鉄刀木(たがやさん)などの唐木仏壇、現代の住環境に合わせた現代仏壇まで種類豊富に展示していますので、お客様のご希望に沿ったものを見つけていただけることでしょう。

高い技術力が古いお仏壇を甦らせる“お洗濯”

近年はお仏壇のお洗濯の需要が高まっています。ご先祖様から受け継いだお仏壇を汚れを落とし、製作する時と同じ手間を掛けて甦らせることをお仏壇のお洗濯(塗替え)と呼んでいます。当店ではお洗濯前とお洗濯後が半々になった金仏壇をご用意し、具体的にどのような仕上がりになるのを見ていただくことが出来ます。また当社ではお仏壇のお洗濯工程をまとめたDVDを製作しており、腰掛けてご覧いただけるコーナーを設けています。

白根本店は充実の品揃えでお客様をお待ちいたしております。品揃えの豊富さから県外のお客様のご来店もあります。どうぞお気軽にご来店下さいませ。

お香コーナー

お香コーナー

仏間

仏間

現代仏壇コーナー

現代仏壇コーナー

ページトップへ

「石と、人と、こころつなぐ」文化コミュニティー施設

ストーンミュージアム吉運堂

〒950-1475  新潟県新潟市南区戸頭1347-1

TEL:025-373-4114

営業時間:9:00〜17:30    定休日:1月1日

「店舗へのアクセス」と「ご来店プレゼント」はこちら

ストーンミュージアム吉運堂は、従来の墓石展示スペースに加え、ミュージアム的な機能をもたせた新しいタイプのコミュニティスペースです。サルナートビルに隣接し、円柱のガラス壁面とそれにかかる瓦色の広い屋根が特徴的な建物です。
設計したのは、世界的建築家である故・黒川紀章氏。黒川紀章氏の最後の作品であり、吉運堂としては、4作品目の黒川紀章氏設計の建築物となります。

ストーンミュージアム吉運堂

ストーンミュージアム吉運堂 5つの展示ゾーン

ストーンミュージアム吉運堂は円柱の建物を5つのゾーンに分けて展示しています。

  1. 「知」のゾーン
    岩石の成り立ちや、墓石の種類やルーツなどを分かりやすくパネル展示しています。
    石や、人と石の関わりについて、多彩な側面から“見て、楽しみながら”知ることができます。
  2. 「匠」のゾーン
    石の加工方法や職人が実際に使う道具などを展示。また、さまざまな石の彫刻品、美術品をご紹介しています。匠の技の奥深さと石の「美しさ」が生まれる過程を、実際に触れながら分かりやすく知ることができます。
  3. 「暮らし」のゾーン
    インテリアやアクセサリーなど身近な暮らしに活かせる石をご紹介しています。
    さまざまな珍しい石を集めたコーナーや、パワーストーンで作ったアクセサリーなどを展示したパワーストーンコーナーがあります。
  4. 「墓石展示」ゾーン
    国内外の墓石を豊富に取り揃え、また石のホームセンターとして各種石製品を展示しました。
    特に、最高級品といわれる「庵治石」で作った国産一級品墓石は必見です。確かな素材と技術に裏付けられた価値ある墓石をご覧ください。
  5. 黒川紀章氏建築ギャラリー
    黒川紀章氏設計の吉運堂4作品の資料を展示しています。その他の代表的な作品資料や貴重なスケッチなどもご紹介しています。

「人と石」をコンセプトに

何かを永遠に残したいと考えたときに、人は何をしてきたのでしょう。人は、消えてなくならないものにその足跡を刻んできました。石に命はない。石は強い。だから、ゆっくりゆっくりと風化していきます。
人は、石の中に揺るぎ動かぬ真理、永遠の命を見いだしてきたともいわれています。古代から現代に続く「人と石」の関係の深さも石を通じて知ることができます。
「ストーンミュージアム吉運堂」では、人にとって特別な存在である「石」「墓石」を通して、人々が祖先・生命・自然と向き合う機会をご提供していきたいと考えています。

黒川紀章氏と吉運堂

吉運堂と黒川紀章氏との出会いは、昭和60年竣工の本社サルナート建設に遡ります。「伝統の技と心を継承する姿勢を表現したい」という当社代表取締役社長 吉田竹也の“想い”に世界的建築家は頷き、「人間の過去と現在の共生」というさらに大きな“想い”で応えました。以来、柏崎店、新発田店と続けて黒川氏の「共生の思想」による建築は、地域の心の交流拠点となりました。
そしてサルナート完成から25年、2人の匠の「ものづくりの心」が結晶した「ストーンミュージアム吉運堂」が完成。「石を再確認」し、「先人の想い」に触れ、「ご先祖様と心がつながる」文化交流施設となりました。
ストーンミュージアム吉運堂は、16m四方の屋根を1つのユニットとし、それを6つ組み合わせて全体を覆う形となっています。1つのユニットは1本の柱と24本のワイヤーのみで支えるという高度な工法が用いられています。
黒川氏と吉運堂の「ものづくりの心」が融合する場。高さ6mのガラス壁面で構成された大空間で、石の魅力と価値を再発見できる文化施設となっています。

ストーンミュージアム内観

ストーンミュージアム内観

黒川紀章氏建築ギャラリー

黒川紀章氏建築ギャラリー

パワーストーン

パワーストーン

ページトップへ